• ホーム
  • 中古マンション購入のメリットとデメリットを確認しよう

中古マンション購入のメリットとデメリットを確認しよう

マンションを購入する際にチェックすべきポイントの1つが、新築にするのか中古がいいのかという点です。
入居者の募集がしやすいという観点から、新築を選びたいという方も多くいます。
確かに新築ならではのメリットも多くありますが、中古マンションを選ぶほうが良いケースも見られます。
そこで中古マンション購入のメリットとデメリットを比較して、自分にとってどのような選択がベストなのか考えていくようにしましょう。

例えば中古マンションのデメリットとして、設備の古さをあげる方も多くいます。
もしも築年数がある程度あって設備面が気になる場合には、リノベーションを実施するのも1つの手です。
リノベーションを実施することで、最新の設備ときれいな内装にできます。
中古マンションなら、リノベーションをしても新築の物件を購入するより安いというケースも見られます。

マンションを購入したくても、設備や間取りが気に入った物件がないので困っているという方も多くいます。
そのような場合なら、リノベーションをして自分好みの物件にするのも1つの手です。
自分好みの物件にできるというのが、リノベーションにおける特徴の1つです。

また新築マンションを選ぶ理由として、資産価値をあげる方もいます。
確かに購入時の時点では、新築マンションのほうが高い資産価値を持っています。
ですが購入時の価格が高くても、実際に物件を手放す頃には新築も中古になっています。
そのため数年後に売却することを考えた場合だと、新築でも中古でも大きな違いはありません。

建物の資産価値は多くの方にとって気になる点の1つです。
ですが現在の状況を考慮するより、立地の将来的な見通しで判断することが大切です。
将来的に発展する可能性がある立地なら、今後物件を売るとしてもある程度の価格が期待できます。
今の価値だけではなく、将来的な価値をチェックすることを忘れないようにしましょう。

また中古マンションにおけるメリットの1つが、安く購入できるという点です。
新築だと予算オーバーのような立地条件の物件でも、中古なら購入できるかもしれません。
自分が用意できる資金を考慮したうえで、どのような物件が選択できるか検討しましょう。

新築という視点だけで判断すると、選択肢を狭めてしまう可能性があります。
ですがマンションの選択肢は、新築よりも中古のほうが多くなっています。
選択肢を広げるためにも、中古マンションも検討することが大切です。