• ホーム
  • マンションの間取り図を読めるようになれば安心

マンションの間取り図を読めるようになれば安心

きれいな部屋

マンションの間取り図をチェックしたものの、どのように判断したらいいのか迷ってしまうという方も多くいます。
人々が迷ってしまう理由の1つが、アルファベットの略語が多くて物件について具体的にイメージしにくいという点です。
ですがマンションの間取り図で良く使われるアルファベットの略語を把握しておくだけで、一目見ただけでも多くの情報が入手できるようになります。

例えば一般的な略語として、WCならトイレのことだとわかります。
ですがWCならわかっても、WICになると迷ってしまう方もいるでしょう。
WICとはウォークインクローゼットのことで、中を歩けるクローゼットのことを意味しています。
一方でWだけの場合には、洗面所のスペースを意味しています。
洗面所と書かれていない間取り図なら、Wと書かれていないか確認することが大切です。

収納場所に関する略語も多く存在しています。
例えばキッチンのスペースの横にRと書かれていることも多くあります。
Rと書いてあった場合は、その場所は冷蔵庫置き場を意味します。
一方で玄関の横などの小さいスペースに、Sと書かれているのを見たことがある方もいるでしょう。
Sは納戸を意味していて、小さな収納スペースとして利用できます。
また玄関にSBと書いてあったら、それは靴箱のことです。
シューズボックスを略してSBと表記しています。

一方で生活にあまり密接していないような略語もあるので注意が必要です。
例えばPSの場合は、パイプスペースのことです。
つまりPSは配管の部分なので、普段生活するうえで密接に関わることはありません。
さらにMBはメーターボックスを指します。
電気や水道などのメーターがある部分がMBなので、生活スペースには関係していません。

リビングなどの部屋の中には、CFと書かれているケースも見られます。
CFというのはクッションフロアを意味しています。
このように書かれている場合だと、床材が木材ではなくビニール製の疑似フローリングが使われています。
具体的にどのような床材かわからなければ、見学に行って確かめたうえで判断するようにしましょう。

このようにマンションの間取り図では、さまざまな略語が使われています。
さらに引き戸などを示す記号も多く見られます。
略語や記号の意味を理解して、間取り図からより多くの情報を読み取れるようにしましょう。
多くの情報を読み取ることで、マンション選びの判断材料を増やすことにもつながります。

アーカイブ
人気記事一覧